事業概要

事業概要

市場と不動産を的確に見つめ、独自のノウハウを“付加”。新たな価値の創出を目指します。

主な業務内容

アセットマネジメント業務

投資不動産の資産管理・価値向上に関する業務
ファンドにて取得した不動産に対し、建物のリニューアル・リノベーション、家賃の見直し、テナントリーシング、管理コストの見直し・削減などを実施することにより、その不動産の収益性を高め、利回りの向上、ひいては資産価値の増大を図ります。

ファンドアレンジメント業務

投資対象不動産の発掘、調査・分析、投資リスク・利回りの検証
ノンリコースローンとエクイティパートナーのアレンジメント、その他アドバイザリー業務
オーナー、投資家の皆さまに、SPC(特別目的会社:Special Purpose Company)スキームの組成、ノンリコースローン借入れ、パートナー選定、出口戦略等のご提案をします。

プロパティマネジメント業務

建物保守管理業務、テナント管理業務、賃料等入出金管理業務
投資不動産の保守管理、中長期修繕計画の立案、テナントに関する募集・契約・入退室の管理、その他テナント対応業務、賃料・共益費の入出金管理などを行います。

不動産物件調査業務

情報収集、不動産調査、デューデリジェンス業務
豊富な経験を持つ不動産プロフェッショナルに加え、税務・法務・金融・建設技術の専門家による不動産の調査・分析を行います。

事業の流れ

市場の多様なニーズを見きわめ、投資の”相互作用“を確立します。

当社では、主に開発型の不動産やインベストメント型の不動産を扱ったファンドアレンジメント業務、アセットマネジメント業務、プロパティマネジメント業務を展開しています。情報収集、マーケット調査、デューデリジェンスを通してSPCを用いた不動産の取得・保有をアレンジし、SPCに対してあらゆる助言を行い、開発型(※1)では多彩な商品の開発・供給を、インベストメント型(※2)においては既存物件のリノベーションなどによる新たな付加価値の創出を演出します。不動産の取得から運営・管理、売却までを一貫して扱うことで、資産価値の飛躍的な向上を実現します。

※1 開発型:土地を取得後、建物を建設
※2 インベストメント型:既存不動産の取得

スキーム例

事業領域

高い専門性とノウハウを高次元で「結集」。
拡大する不動産証券化市場のニーズに応えます。

これまでのアセットマネジメント業務・プロパティマネジメント業務の受託実績は、商業施設、レジデンス、オフィス、ホテルなど多種多彩な用途に亘ります。また、既存物件を取得する「インベストメント型」はもとより、土地取得から建設・開業までを手がける「開発型」の投資事業にも数多くの実績を積んでいます。

新たに「太陽光発電事業」に係るファンド組成、アセットマネジメント業務、投資業務に取り組んでおり、今後における当社業務の大きな柱として積極的に事業領域拡充に努めて参ります。

PAGE TOP